北九州市小倉南区で白内障手術を二十年以上 医療法人 下川眼科医院

文字サイズ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズの特徴

コンタクトレンズとは、角膜(くろめ)に直接のせて視力を補正する医療用具です。

自分に適したレンズを選ぶために、レンズの種類・特徴を理解して正しい取扱いをしましょう。

コンタクトレンズの長所

  • 眼鏡より視野が広い
  • 左右の視力度数に差があっても使用できる
  • 物の拡大・縮小が少ないので、強い近視や遠視に有利
  • 角膜不正乱視・円錐角膜が矯正できる。

コンタクトレンズの短所

  • 角膜に直接のせるため、角膜障害を起こす事がある。
  • 出し入れの練習が必要
  • 維持費がかかる
ハードコンタクトレンズ
・くろめよりサイズが小さい
・まばたきでレンズが上下する
ソフトコンタクトレンズ
・くろめよりサイズが大きい
・まばたきしてもレンズがほとんど動かない

コンタクトレンズの比較

種類 長所 短所
酸素透過性ハードレンズ ●乱視矯正に優れている
●寿命は2〜3年
●目の異常を発見しやすい
●慣れるまで異物感がある
●レンズに傷が付きやすい
ソフトレンズ ●異物感が少ない
●激しいスポーツでも可能
●寿命は1〜2年
●乱視矯正には難しい
●目の異常を発見しにくい
毎日交換
使い捨てレンズ
(1DAY)
●いつも清潔なレンズを装用できる
●装用感が良くトラブルも少ない
●費用が高い
(年間 約9万円)
2週間使い捨て
レンズ
(2WEEK)
●比較的清潔で汚れも蓄積しにくい
●装用感が良く、トラブルも少ない
●安全性と価格のバランスがとれている
●費用が少し高い
(年間 約4万円)

指カーソルアイコン処方の流れ

指カーソルアイコンコンタクトレンズのQ&A(よくあるご質問)